令和4年4月5日よりノアズアークは一般社団法人として更なる活動を目指す事となりました。

 <NOAH'S ARK の2つの取り組み>

 

 

1.飼い主様からは

寄付金+医療費を頂き老犬をお預かりする。

 

(料金に関しては直接お問い合わせください)

 

2保護犬・ブリーダーレスキューした老犬さん達はボランテイアでお世話・看取り、医療費他は皆様からの寄付金でサポートしていただいています。

 

 

◇皆様へお願い

寄付金は随時受け付けております。

皆様からの温かい応援が私の力になります。

 

・ゆうちょ銀行 記号 10950 番号 33351591 シャ)ロウケンホスピスノアズアーク

 

他銀行からの場合:店名(店番)〇九八 普通 3335159

 

Amazon ほしいものリスト からもご支援いただけたら幸いです。

 

 

一般社団法人の活動として、ボランテイアでブリーダーレスキューした老犬さん達の看取りもしています。

 

繁殖目的にそこにいることに耐えていた子に、家庭の温かさを知って欲しい!

 

こんなに心地良い時間があったことを!

 

皆があなたの幸せを祈ってるよ!

 

スポットライトを当ててレスキューします。

 

最期の時間が短いか?長いかはわかりません。

 

それでも、あなたを迎えたい!

 

皆様からのご支援と共に活動させていただきます。

 

 

 

 

◇皆様へお願い

寄付金は随時受け付けております。

皆様からの温かい応援が私の力になります。

 

・ゆうちょ銀行 記号 10950 番号 33351591 シャ)ロウケンホスピスノアズアーク

 

他銀行からの場合:店名(店番)〇九八 普通 3335159

 

Amazon ほしいものリスト からもご支援いただけたら幸いです。

 



犬は私たちにとって、かけがえのないパートナーです。

私達の役目

高齢の飼い主様が保健所に老犬を持ち込むという現実を何とかしたい!と始めました。

保健所や愛護団体から老犬を引き取り、彼らが安心して余生を送れるようにサポートします。

最期は独りぼっちにはしません。

仲間や家族に見守られて温かい場所で迎えられるよう努めます。

老犬さん達の終の住処になりますように!

飼えなくなった老犬をお預かりし、最期を仲間達と大切に看取ります。

何らかの事情により最後まで飼えなくなった老犬をバトンタッチしてマイホームのような環境で有料でお預かりし最期を仲間達と大切に看取ります。

施設のような立派な場所ではありませんが、家庭的なホームで家族と共生します。

今まで生活していた家族と同じような環境で過ごすため、老犬達にも安心してすごしてもらえると思います。

決して独りぼっちにはしません。

いつも仲間がそばにいます。

老犬介護士が自ら老犬を何頭も腕の中で看取った経験から我が子同然に共にいます。

またレイキヒーリングを生活の中でシャワーのように毎日送ります。

 

あなたにもパートナーにも幸せな選択を

  • 一人で不安になった時。
  • 老犬を里親に出すことになった時。
  • 施設入所が決まったけど家族には預けられない。
  • 今まで共に暮らしてきた子を安心してお願いできるところは?

 

是非ご相談ください。

あなたにもパートナーにも幸せな選択があるかもしれません。

あなたの代わりに大切に看取ります💛

写真:白い花

飼い主様の事情で最後まで飼うことが出来なくなった老犬を、あなたの代わりに責任を持って最後まで共に暮らし大切に看取らせて頂きます。

最後の時は私たちには分かりません。

数か月かもしれません、何年かもしれません。

限られた時間をのんびりと安心して過ごします。

私だからこそできる関わり方で、彼らを次の世界へ優しく見送ります。

老犬ホスピス NOAH'S ARK(ノアズ アーク)では、最後まで一緒に暮らします。

いつもそばにいるよ

老犬ホスピス NOAH'S ARK(ノアズ アーク)では、自宅とホスピスが一緒なので、いつも誰かがそばにいます。

決して独りぼっちにはしません。

 

犬は群れで生活する生き物です。

寒い時は寄り添って温め合っています。

 

心地よいお部屋でのんびり

写真:老犬ホスピス NOAH'S ARK(ノアズ アーク)の室内

お天気のいい日はお日様が燦燦と入り込む部屋でのんびり過ごします。

 

植物がすくすくと育つ場所生き物全てに心地よい場所になります。


写真:木と空と夕陽

月に数回 南伊豆の自然の中の老犬ホスピスへ移動します。

そこは鳥や蝶などが飛び回り 海の波の音 夜は満天の星空 思いっきり安心して呼吸のできる場所。

都会の喧騒から離れ自然の中でのんびり過ごし エネルギーを充電しに行きます。

大地のエネルギー 空からのエネルギー 自然からたっぷり無償の愛を頂いてきます。


NOAH'S ARK(ノアズ アーク)でお預りしている老犬のご紹介

彦星(ポメラニアン・19歳)

写真:彦星(ポメラニアン・18歳)

2018/11/23

静岡県 H様から譲受飼養。

2021/12/5 19歳 永眠。

  • 食いしん坊
  • 優しい
  • 会陰ヘルニア
  • 角膜ジストロフィー

 

元飼い主様の股関節の手術後励ましに駆けつける、しばらくぶりに再会するや覚えていて嬉しそうだった。ただ帰宅後数日寂しげで可哀想だった。

会陰ヘルニアなので、排便時は調子が悪い時は何度も出し渋り可哀想な日もあります。それでも毎日ちゃんとご飯を食べる事が楽しみです。角膜ジストロフィーは現在は調子もよく目をしっかり開いています。ただ視力は殆どなく、光のみを頼りに頑張っています。

 

無事に19歳になりました!

先日健康診断(血液検査)も済みました。

 

2020年5/28 元飼い主様82歳逝去

心よりご冥福をお祈りいたします。

彦の事お任せください。

 

2021年12/5 天寿を最後まで全うし 虹の橋へ旅立ちました。

大好きなおばあちゃんが迎えてくれていることでしょう。

19歳半年でした。数日あの食欲モリモリの彦星が全く食べる気が無くなり、口を開けることもしなくなる。前日の夕方より痙攣が始まり、翌朝の5時まで繰り返し続く。

最後はそのまま見守ることを選択。ただ見守るといっても相当辛い時間でしたが、彦星がそれを望んでいたので仕方がありません。老犬になり、少しずつ体の機能が低下し,シャットダウンしていく様子に、以前の私ならあちこち獣医に連れていったりしながら、もっと長くそばにいて欲しい!と思いました。彦星と毎日過ごすうちに、それは止めて欲しいと言うメッセージを受け取りました。痙攣を12時間ほど繰り返す中で触れて声をかけたりしていましたが、途中からそれも必要ないと言われました。逝く時は自分で決める。そっとしておいて!ただそばにいて!そう言われました。そして、私が一瞬眠りに落ちた時に息を引き取りました。

5:55でした。飼い主さんや誰かが、今か今かと見張るように呼吸を確認するのはいかがなものか?例えば私の最期の時、それは遠慮します。彦星はそれを伝えたかったのかもしれません。

最後まで優しい彦星でした。

ありがとう 彦星 ノアズアークに来てくれて

あなたと過ごした思い出を胸に、私も最後まで生きていきます。

合掌。

 

 

<元飼い主様の娘さんからメールいただきました>

本当にありがとうございました。

彦星も幸せだったと思います。

茶々(ヨークシャーテリア・15歳)

写真:茶々(ヨークシャーテリア・15歳)

2019/5/25 

兵庫県 S様(U様)から譲受飼養。

2019/10/26 15歳 永眠。

  • 周りの観察大好き
  • 偏食
  • 瘦せている
  • 膝の上が大好き

神戸から来ました。

とても優しくイケメンでした。ドライブでは景色を見るのが好きでした。他の子達とも仲良くできて最初からここに来ることが分かっていたかのようでした。新幹線で神戸からやって来て、受け取って暫くバッグの中で伏せて顔を上げず不安そうだったのが第一印象です。ご飯を食べるが難しいようで手のひらに載せて口に運ぶと食べてくれました。月に数回食欲不振になり点滴や注射のお世話になりました。点滴も嫌がらず頑張りました。ソファの上に飛び乗ったり細い体に筋肉がどこにあるのか心配でした。ノアズアークに迎えて5か月で旅立ってしまいましたが、私は茶々が大好きでした。もっともっと一緒にいたかったですが、あのか細い体には限界がありました。茶々との日々は大事に思い出にします。私の元に来てくれてありがとう。合掌。

 

<私に茶々を託してくださった元飼い主様からお便りをいただきました。>

5月より元気な様子を度々メールで送って頂きありがとうございました。オチャチャは大変な寒がりやさんなので冬を心配しておりましたが、丁度秋のさわやかな時に天国に行けまして良かったと思って居ります。大変なお世話をおかけしてしまいまして心より御礼申し上げます。5ヶ月も犬のお仲間さん達と仲良く遊べてとても良かったと思って居ります。本当にありがとうございました。


  

ロリ(チワワ・18歳)

 2020/8/11 

 徳島県から迎える。

 2021/1/30  18歳 永眠。

 

 

母性溢れるやさしい子

今までのつらい過去を愛に変えている子

とことこと歩く様子がたまらなく可愛いおばあちゃん

 

・膣脱(現在良好 2020.10/20)

・歯が殆どなく、下顎が溶けている。

・後ろ足が突っ張り棒のように歩く。

・痩せ気味

・白内障とドライアイ 

 

こちらに来てからは食欲は変わらないのに体重は増えたり減ったり、そして徐々に減っていきました。それは当たり前で18歳という年齢は高齢の域です。膣脱もロリとの協力とケアの効果ありで良くなりました。

毎日の生活も寝ている時間が長くなり、歩くことさえおぼつかなくこけてしまい、自力で起き上がることも出来なくなってきました。ケージの中でもベッドから出て、トイレシーツにすることも難しくなったのか、ベッドでしてしまうようになりました。以前のようにオムツをしようとしても身体がガリガリで上手く固定出来なくなりました。食事は何とか介助なしでできました。今思えば最後まで自力でQOLを全うした子でした。もっと早く会えていたら?もっと長く一緒にいられたのかな?と18歳までブリーダーの元で暮らしたロりを思うと胸が苦しくなります。

私はロりを受け入れた以上は”そのままのロり”をこのまま看取ります。と決めてお迎えしたのだから・・・と前を向いて進みます。それがロりが望んでいることだから。

 数か月共に過ごしたロリとの思い出は私の中でずっと宝物にします。

ノアズアークに来てくれてありがとう。合掌

 

<ロりを私に託して下さった 徳島ハート様からお言葉をいただきました。>

 お世話になります。ご報告ありがとうございます。ロリちゃん旅だったんですね。

 私たちも、普通に20才まで生きられるものだと思っていましたが、こればかりは仕方ないですね。 ただ、残りの余生は自由に幸せに過ごせたと思いますので、本当に感謝しております。こちらで引き受けた際、年齢も踏まえてシェルターでどれだけの生活を送らせてやれるだろうかと思っていた時、角田様のお陰であの子に幸せな環境を与えてあげることができました。

生きていた時間の中で角田様と過ごした時間は短かったかもしれませんが、きっと本当に幸せな気持ちで旅立てたと思います。本当によくしていただきましてありがとうございます。心から感謝いたします。そして、あのこの生きた証がこの世に残ったことに心から嬉しく思います。

 本当に最後まで大切にしていただきましてありがとうございました。

サンちゃんのことこれからもよろしくお願いいたします。

 

 

 

    

サン(チワワ・10歳)

  2020/8/11 

  徳島県 徳島から迎える。

  

  ●周りを観察する賢い子

  ●明るく御茶目な子

  ●体の不具合を乗り越えて今を生きる子

  

 

 ・歯がない(下顎溶けてない)

 ・手足のバランスが悪い 古い骨折あり

 ・尻尾を噛む癖あり

 ・ご飯の時はガウガウ

  ・前提疾患発症(2021/3/31)無事に服用後落ちついています。

 ・過去からの左肩の脱臼(こちらは何度か鎮静して整復を試みましたが、今後はこのまま状態固定ということに)

 ・精巣炎、去勢手術(2022/4/6)無事に落ち着きました。

   

ロリと同じく ハート徳島 さまより迎えました。お迎え当初は尻尾に何か触れようものならガウガウ、体に触れようとするとガウガウでした。愛情をもって声をかけながら慣らしていくと、日に日にこちらに心を開いてくれました。今では膝の上で撫でられながら眠ってしまうほどです。こちらもブリーダーレスキューされた子なので、現状を受け入れて毎日を笑いながら過ごしていくことに心掛けています。ガウガウさんは健在ですがこのあどけなさに憎めず笑ってしまいます。古い骨折が手足にあるせいか歩く時に少しびっこをひきます。

 

ガウガウも随分来た時より落ち着き、体を触っても気持ちよさそうにしています。抱っこも大好きで眠ってしまいます。

 

精巣炎騒ぎでは心配しましたが、何とか無事に落ち着き、以前よりも元気になりました。

前よりも信頼関係が深まった気がします。サンが私を見る目でそう感じることがあります。

 

また、下あごが溶けているためフードが呑み込みにくく空気も一緒に吸い込んでしまうため、食後暫く乳児のようにゲップがでるまで立てて抱いています。

 

 

 

 

ピース(ドーベルマン・6歳)

 2020/10/10 沖縄県から迎える。

 

ピースについてはまだ老犬の域には達していませんが緊急な案件のため レスキューされた 沖縄 NPO法人オキニャワンネットワーク 様から引き受ける。

 

人の言うことが理解できる子(但し落ち着いている時)

仲間とのコミュニケーションをとれる子

人が大好きな子

 

 

過酷な環境で頑張ってきたピースと共にこれから暮らしていきます。

 

・5年間ケージの中に閉じ込められて、トイレにも出してもらえず、爪は伸びっぱなし、手足、腰にはタコがありました。

・胸の皮のたるみについてはこれからの成長で良くなるといいのですが。5歳なのにパピーのように小さく、筋肉も肉も足らずこれから徐々に足していきます。(なかなか吸収力が弱く落ち着く性格ではないため難しいかもしれません)

・フードガードが強く噛まれること数回(お水やフードをなかなか与えてもらえなかったという生活状況から仕方がないのですが、本人噛むつもりはないにしても、牙が入ってしまうので油断は禁物です)

 

狂犬病予防接種済み 去勢手術済み。

アイコンタクトができて、、話をきちんと聞いて理解力が抜群で可愛い子です。

ダメージを改善できるように努めていき、最後はここに来て良かったと思ってもらえるようにします。

 

当初は落ち着きがなく、テンションが高いので興奮しやすく吠えてしまったり、鼻を鳴らしたりにぎやかでした。

今は随分落ち着きケージの中も、フリーの室内も問題なく過ごせるようになりました。

外の環境も、子供、車、時間をまちまちに散歩に出し初めての経験を慣らしていきました。

スタッフのドーベルマンとも問題なく過ごしています。

 

ドライブは随分慣れてきたが、低速になったり、停車するとスイッチが入り大騒ぎ。

 

まだ興奮スイッチが入ると平静でいられなくなるところがあります。

 

ご飯の時や車が停車すると興奮してしまう所は、改善にまだまだ時間がかかりそうです。

 

日々落ち着いてきています。テンションがマックスになると訳が分からなくなってしまうところは未だありますが、来た当初から比べると随分理解し合える関係になってきました。ドベ3頭仲良く楽しく毎日過ごしています。

 

フライ(チワワ・12歳)

2022.3.9 anifare経由でブリーダーレスキューしました。

来た当日は緊張気味でしたが、場所に順応するまでにあまり時間はかかりませんでした。

夜もぐっすり眠ります。

 

・肛門腺破裂により処置

・爪が伸びていたのでカット

 

他は食事や排せつに問題なく過ごしています。

男性に警戒心があるらしく、口が出てしまうことがあります。

アイコンタクトができること、名前を呼ぶとそばに来ること、お利口さんです。

オスカー(チワワ・12歳)

2022.3.9 フライと同じく、anifare経由でブリーダーレスキューする。

 

・左目白内障?右目傷(目薬で完治)

・爪が伸びていたのでカット

 

所有欲が強い(フード・人)

女の子気質でフライより強めの子

喜びを全身で表現する子(ケージからのごはん時のジャンプ)

要求吠え少しあるが、静止可能。

可愛い子です。

ハウ(トイプードル・14歳)

2022.5.31 anifare経由でブリーダーレスキューをする。

 

お迎えして落ち着いたので血液検査をする。

・右手古い骨折の後、きちんと固定し処置されなかったせいか、ひじから先がブラブラしている。これは本人は上手にぴょんぴょん飛ぶように歩き工夫しているが、コルセットや義足を検討中。

・耳が汚れていたので、毎日ケアしながら洗浄する。

・目の周りが少し赤い。

・右目 古い傷放置により白くなっている。

・緊張から体が硬い

 

性格は明るく、顔を見上げて表情を観察する子。ぶらぶらの手で、ねえねえ~と撫でて^^と催促する。食欲は来た当初から問題なく内臓関係は問題ないよう。

オリィ(トイプードル・10歳)

2022.5.31 anifareke経由でブリーダーレスキューをする。

 

お迎えする前から食事をせず、尿の色が濃く健康状態に問題があるとのこと。

来てすぐに血液検査をする。

・黄疸が出ていて、数値が非常に悪い。そのせいで食欲がなかったらしく、毎日の点滴とお薬で徐々にフードを食べてくれるようになる。

・下顎が溶けている。

・毛玉があちこちにできている。

 

しばらくお薬を服用しながら、血液検査で数値を確認して様子をみることにする。

 

甘えん坊で人が来るとすり寄って膝の上に乗る子。犬の中では、一人離れた場所にいたりする。ご飯を食べるタイミングが微妙なので褒めておだてて促す。

 

私達の元に来てくれてありがとう

写真:犬2匹

老犬ホスピス NOAH'S ARK(ノアズ アーク)は老犬達飼い主様から手放される現状から最期を安心して迎えられるように用意させていただいた場所です。

団体、施設からのレスキューも致します。

残りの犬生 ノアズアークに来てどれだけ一緒に過ごせるかわかりませんが、時間を大事に暮らします。

最期は元飼い主様の事を思いながら虹の橋へ渡って逝く彼らに、私たち出来る事は限られています。

それでも私たちはNOAH'S ARKに来てくれてありがとう。

私達に命のバトンを渡してくれてありがとう。

 

◇皆様へお願い

寄付金は随時受け付けております。

皆様からの温かい応援が私の力になります。

 

・ゆうちょ銀行 記号 10950 番号 33351591 シャ)ロウケンホスピスノアズアーク

 

他銀行からの場合:店名(店番)〇九八 普通 3335159

 

Amazon ほしいものリスト からもご支援いただけたら幸いです。

 

 

 

老犬ホスピス NOAH'S ARK(ノアズ アーク)を応援して下さった皆様

これまでにFleur Reikiへオーダーを通して老犬ホスピス NOAH'S ARK(ノアズ アーク)を応援して下さった皆様方

ありがとうございました。

 

鈴木様・土井様・割嵜様・金子様(現金屋)・前田様・林様・手中様・吉田様・寺島様(ぐらすうっど)・菅原様・馬込小学校様・千葉様・河西様・三浦様・菊池様・北田様・須藤様・後藤様・川喜田様・名倉様・諸角様・吉松様・小林様・角田様(K)・小川様・藤井様・清水様・瀬尾様・長野様・コマツレンタル細川様・阿部様・公認会計士税理士事務所アクセル 柏野様・金子恵美子様・澤村様・松本様・マリーズケア 中村様・田代様・安達様・毛利様・木原様・成田様・原田様・篠田様・湯川様・古川様・嶋田様・株式会社 信越電装 代表取締役 小林様・黒羽様・角田様(N)・ブルースカイビーンズ様・奥山様・有山様・山田様・尾場様・ゆみ動物病院様・株式会社エリアプロジェクト 代表取締役 小杉様・松ノ木様・三幸堂薬局 古米様・加賀様・中村様・ゆみ動物病院様・吉野様・美容室ウィン様・漆原様・玉置様 ・横溝様・佐藤様・小見様・増田様・下瀬様・上田様・名波様 ・末松様・舟橋様・中屋様・中島様・花谷様 ・宮城様・株式会社 玉城産業様・鈴木様 ・有限会社マルシン自動車商会様。

 

リピーター様が多く何度もオーダー頂いているお客様が殆どです。

本当に有難い限りです。

今後も花修行を続けつつ 皆様からのニーズにお応えできるように努めたいと思います。

 

この他にもイベントや店舗で募金・寄付金を頂いた方々誠にありがとうございました。(お名前がわからない方も含め)

 

第13回女性限定!クリーニングパーティー参加者の皆様・犬好きのためのチャリテイー交流会vol.8参加者の皆様・工藤様・原田様・近藤様・江田マルシェ参加者の皆様・おいらのイタリアン本店 仙波様 ・空手道MAC 川崎・宮前平 ・Luana にて募金してくださった皆様。

 

物品を寄贈いただいた 奈須野様 マリーズケア 中村様 内橋様 原田様 松ノ木様 漆原様  秋田様 河野様  栗原様 小泉様 松本様 植木様  師田様 隈本様  Lino Suginoko デンタルルーム スタッフ 患者様 千葉様 金子様 川喜田様 定岡様 花谷様 堤様 五島様 小林様。

 

寄付金をいただいた 嶋田様  内橋様 玉置様 漆原様 植木様 小見様 加賀様 平川様 小川様 角館様 高野様 碓井様 小島様 宮城様 一般財団法人兵藤哲夫アニマル基金様 コッソリ様 隈本様  千葉様 柏野様 空手道MAC 吉浜様  林様 川喜田様 Luana 隈本様。

 

工事等でご協力頂いた業者様

株式会社 エリアプロジェクト様・有限会社 調和サービス工業様・清水造園様。

 

 

また株式会社 誠玉からは全面的にバックアップをしてくれたお陰でここまで形にすることができました。

代表取締役である夫の角田直樹氏にはパートナーであると共にアシスタントとして毎日サポートしてもらっています。

ここに感謝の気持ちを込めて 

 

一人では決してここまでの来れなかった道のり

皆様からのあたたかい応援があったお陰で何とかやってこれました。

今後は更にお力をお借り出来たら幸いです。

 

老犬達が自然の中でのんびりと過ごし仲間たちと共に看取ります。

 

自然の中の老犬ホスピスの準備はマイペースですが進んでいます。

引き続きサポート等見守っていただけますようお願い申し上げます。


フルール レイキの売り上げの10%を運営費に(現在こちらは不定期営業とさせていただいています)

完全オーダー制のお花屋さん「Fleur Reiki(フルール レイキ)」の売り上げから、10%を老犬ホスピス NOAH'S ARK(ノアズ アーク)の運営費・医療費にさせて頂きます。

店舗をもたない完全オーダー制のお花屋さん


自然の中の老犬ホスピスを目指して!

2022年から静岡の別邸に月に数日行っては自然のエネルギーを充電します。

私たちにとってのんびり自然の中で過ごすことが癒しになるように、犬たちにとっても同じです。

いつまでも元気で一緒にいられるように!

写真:走っている犬
写真:数匹の犬と浜辺を散歩している女性

NOAH'S ARK(ノアズ アーク)

ノアの方舟

旧約聖書の”創世記”にある伝説。

神の啓示を受けたノアが大洪水から動物たちを救うために船を造りました。

数が増え堕落しきった人間たちを見た神が、大洪水によって彼らを滅亡させようとしました。

その中で一部の動物たちを救うために”正しい人間”としてノアにお告げを出します。

ノアは神のお告げどおり巨大な方舟を造ります。

ノアは家族と動物たちを船に乗せると世界は大洪水に飲み込まれます。

雨は長い間振り続けました。

ノアの箱舟はアララト山の上にたどり着きます。

その後水が引いたことを知り動物たちを地上におろします

その箱舟には8000種類のペアの動物たちが乗せられたそうです。

 

これはあくまでも伝説です。

NOAH'S ARKはそんな伝説の名前を頂き、飼い主様の代わりに老犬と余生を共にしたいと思います。