近況報告 · 16日 6月 2022
会計報告
感謝 · 14日 6月 2022
私にできること
ブリーダーレスキューをするようになって、どんな環境でこの子は生活してきたのだろう?痛みや苦痛を訴えることを諦めて、これが現実と受け止めてきたのだろうか? などと妄想したりします。 同じ人として、生きていく時間の中には沢山の選択と感情があり、当初の予定からかけ離れていき、こんなはずじゃなかったのに!などと後悔することもあります。 私は、なぜ?とか、どうして?などとお迎えした子たちの過去を妄想するのをやめます。 その分、これからに重点を置き、彼らの笑顔がみれるよう努めていきたいと思います。 そのために、皆様からのサポートをお願い致します。
優しく寄り添う · 31日 5月 2022
老犬の笑顔が見たいから
ブリーダーレスキューをさせていただいています。お迎えして色々と訴えたいことがあります。でも、今の目の前の彼らをそのまま・・・ど~んと受け止めます。痛いところ、苦しいところは緩和してあげたい!そして、最後はここに来て良かった~!!と笑顔が見れたら最高です♪
近況報告 · 30日 5月 2022
色々と出費が。
一般社団として設立することになり、手続き代行費用やアニフェアさんへの支払いなどの出費があり、寄付金の残金が厳しいです💦 また明日からトイプードルの老犬さん2頭をお迎えするのですが、医療にかかる必要があるとのこと。 ここは皆様へ🥺 皆様からの温かい応援が、ブリーダーレスキューをした子たちの医療費になります。 よろしくお願いいたします。
気持ちに余裕を持つ · 10日 5月 2022
出来る事を
つい出来るだけご相談にお答えしたいと思い、頭で何とかしようと考えてしまいます。 でも私は一人、可能な労力は限られている。 そして自分自身に余裕を、スペースを作っておきたい。 以前の私は溢れるほどのものを、一人で何とかなる!と抱え込んでいた。 もう無理はしない。 老犬さん達を看取っていく中で、いつもそこに気を付けています。 体調の変化に気づき、そばで寄り添うためには私がいつもフラットでいたいと。 私にはできることは限られているけれど、大事に生きていきたいと意識しています。
とことん愛だから · 18日 4月 2022
保護犬だからこそ
私は良く夢中になると時間を忘れてしまいます。また一生懸命になると周りが目に入らなくなります。そして、自分がどれだけ消耗しているのか自覚できないことがあります。でも。。。保護犬さん達は今まで過酷な環境で生活してきました。私の元にやってきて、安心して毎日のんびりしてほしいです。そして、痛い、苦しいを理解し和らげてあげたいです。そのためには、声なき声を拾うために私はそばにいます。スマホやパソコンなどのネット環境から離れ、彼らと共にいることで波長を合わせることに専念しています。どれだけの時間が残されているかはわからない。それでもわかってあげたい!声を聞いてあげたい!それだけしか求めていません。世の中の流れに逆行していると言われても。
既に家族だから · 08日 4月 2022
サンの存在
サンの緊急手術から2日。肩の脱臼に目を取られていて、ほかの原因になかなか気がついてあげられずごめんね。 やっと💦そこに気づき今回は駆け込んで間に合った。毛に覆われた生き物、言葉を発することができない生き物は人がそこにいて、気がついてあげることが命を守ることに繋がる。 それには、私自身がただ忙しく毎日を過ごすのではなく、のんびりただそばにいる♡これとても重要なことだと再認識しました。友達や家族に痛いほど言われてきたことでも、なかなかそこに辿り着けず・・・。 いつも看取る度に思うことがあります、私はこの子に寄り添えただろうか?最後まで優しくいられただろうか? 本当に人はエゴの塊。それを彼らは気づかせてくれるために、そばにいてくれる気がします。
優しく寄り添う · 06日 4月 2022
サンとジュリアの状態から更新やら滞っていました。 サンは肩脱臼から具合が悪そうだったので、鎮静剤処置をして固定してもらったり。 ジュリアは私の家族ですが、15歳のヨークシャーテリア。 時々てんかんを起こし油断できないという感じです。 老犬になると季節の変わり目は要注意ですね。 サンの肩も来た当初からの古いものなので、はめても直ぐに抜けてしまうという。 何もせず放置することもできず。。。痛みだけは緩和してあげたいと思うのですが。
近況報告 · 23日 3月 2022
フライの肛門腺破裂
ノアズアークにも慣れてきたフライ うんちが一日おきだったっり、硬かったりで、その子の様子が落ち着いたら健康診断をお願いしようと思っていたところに。ここ数日しきりに肛門周辺を舐めているフライ。確認したら肛門横が炎症。獣医に診察にいくや、肛門腺が破裂していると!?洗浄しお薬頂いて様子を見ることに。私自身わんこ生活初体験の肛門腺破裂!?そんなことってあるんですね~老犬さんの体の勉強は尽きることはありません。また一つ学びになりました。皆様からのご支援のお陰で、ノアズアークの老犬さん(保護犬)は診察を受けることができます。ありがとうございます。今後も毎日が心地よくのんびり過ごせるように心がけ、老犬さんの声を聴いていきたいと思います。
感謝 · 21日 3月 2022
一般社団法人登記申請準備中です。
マイペースではありますが、確実に少しずつ進み、新たに私の右腕になってくれる強い味方も現れ。一般社団法人(非営利型)に新設することになりました。老犬さん達の喜ぶ姿を目に浮かべながら今後も変わらず精進して参ります。これからも皆様からのご支援をよろしくお願いいたします。

さらに表示する